蔵元めぐりマップ

高岡醸造 株式会社
浜千鳥

住 所:891-7101 鹿児島県大島郡徳之島町亀津982−1
Tel:0997−83−0014
創 業:昭和24(1949)年
蔵人数:2人
代表者:高岡 秀規(たかおか・ひでき)
杜 氏:阪江  学(さかえ・まなぶ)
主な銘柄:「奄美」「煌(きらめき)の島」「奄美」(以上共同瓶詰) 
「RURIKAKESU RUM(ルリカケスラム)」「原酒」「神酒(おみき)」
(以上自社銘柄ラム)

国産ラム第一号を生んだ、まちの酒造所

amami.jpg 五つの蔵の原酒をブレンドした共同瓶詰銘柄「奄美」を造る蔵の一つ高岡醸造(株)は、徳之島・徳之島町亀津の商店街の一角にある、まちの酒造所。
 昭和24(1949)年、高岡徳浜氏により創業。「奄美」など奄美酒類(株)の共同瓶詰銘柄の原酒を造るほか、自社銘柄のラム「RURIKAKESU RUM」などを製造する。
 徳之島町長も務めた先代の高岡善吉氏は、共同瓶詰会社奄美酒類の設立に尽力した功労者。社長の高岡秀規氏は現役の徳之島町長を務め、親子二代にわたり徳之島町の町政に携わる。
 創業時の銘柄は「万代(まんだい)」といい、「高岡のお酒を飲む人たちの健康と幸せが長く続くように」との願いが込められている。昭和40(1965)年より奄美酒類での共同瓶詰となり同銘柄が廃止された今も出荷用の段ボール箱には「万代」の名が記されており、その精神は蔵に受け継がれている。

kametomita.JPG 黒糖焼酎の麹(こうじ)に使用するコメはタイ米を使用し、白麹で仕込む。黒糖は沖縄産をメインにインドネシア・タイ・ベトナムなどの黒糖を使用している。米と黒糖の割合は約1:1.7程度。ステンレスのタンクで、一次もろみに黒糖を二回に分けて投入する三段仕込みを行う。仕込み水には井之川岳水系の硬水を使用している。
 もろみを常圧で蒸留したばかりの原酒は、雑味の原因となる油分が含まれ白濁している。ステンレスの貯蔵タンクで半年以上熟成させながら、徐々に浮いてくる油分を人の手で丁寧にとり除く。それを何度も繰り返し、最終的にはタンクの底が見えるほど澄んだ原酒となる。
 熟成を経た原酒はタンクローリーで奄美酒類へ運ばれ、冷却ろ過等の処理を行った上、五つの蔵の原酒をブレンドして貯蔵され、瓶詰めされて「奄美」や「煌の島奄美」などの銘柄に生まれ変わる。

DSCN0275.JPG 蔵では樽貯蔵した40度のゴールドラム「RURIKAKES RUM」、50度のゴールドラム「徳州」のほか、30度のホワイトラム「原酒」、50度のホワイトラム「神酒」を製造しており、珍しい国産ラムとして島内外で人気がある。
 社長の高岡秀規氏は黒糖焼酎が生まれるルーツとなった黒糖酒に目を向け、昭和51(1076)年からサトウキビの絞り汁を原料に酒を造る実験に着手していた。3年の試行錯誤を経て、黒糖をパパイヤから自社培養した天然酵母(こうぼ)で仕込む製法を確立。日本初のゴールドラムとして昭和54(1979)年に「RURIKAKESU RUM」を発売した。
 ラムの製造には、インドネシア産黒糖を自社培養の酵母「高岡菌」で仕込む。冬場に仕込んだもろみを常圧蒸留の後、原酒をステンレスタンクで貯蔵し、約半年後の夏に再度蒸留を行い、度数を50度〜60度に高めた上で樫樽(かしだる)に貯蔵する。
 二度の蒸留を経た後に樽で眠らせた原酒は、芳醇(ほうじゅん)な甘い香りと深い琥珀(こはく)色を帯び美しい。「RURIKAKESU RUM」「原酒」「神酒」のラベルには、瑠璃(るり)色の羽根が美しい二羽の鳥があしらわれている。これは徳之島と奄美大島でしか見られないルリカケスという鳥で、国の天然記念物に指定されている。

 焼酎やラムなどの蒸留酒を造るには、微生物の力を借りて発酵させたもろみを機械を使って蒸留する必要があり、必然的に造り手には両方を扱う知識と技術が求められる。


蔵見学について

DSCN0253.JPG見学可
時間帯 13:00〜17:00
休 日 土曜・日曜・祝日
駐車場 有(2台)
予約不要
問合せ先 Tel:0997−83−0014


見どころ

 近くに奄美黒糖焼酎の蔵「(有)亀澤酒造場」と、高岡醸造など5社が参加する共同瓶詰め会社「奄美酒類(株)」がある。

 蔵近くの「鹿児島県立徳之島高校」は、前身となった「町立亀津青年学校」時代の昭和12(1937)年に初代・高岡徳浜氏が地所を提供し、昭和24(1949)年徳之島初の普通科高等学校として設立された、ゆかりのある学校。


より大きな地図で 高岡醸造 を表示 


蔵元めぐりマップ