蔵元めぐりマップ

(資)弥生焼酎醸造所
浜千鳥
住 所:894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町15−3
Tel:0997−52−1205
創 業:大正11(1922)年
蔵人数:8人
代表者:川崎 洋三(かわさき・ようぞう)
杜 氏:川崎 洋之(かわさき・ひろゆき)
主な銘柄:「弥生」「まんこい」「太古の黒うさぎ」
http://www.kokuto-shouchu.co.jp/
Twitter ID : @yayoi_shochu

立ち止まらず、進化し続ける老舗の蔵 

kametomita.JPG 大正11(1922)年3月、泡盛の醸造所として創業。弥生焼酎醸造所は、奄美大島で最も古い歴史ある蔵である。「弥生(やよい)」の社名と銘柄は創業の3月弥生の月にちなむ。
 創業者の川崎タミ氏は大島紬の製造で財を成し慈善事業に私財を投じた女性実業家で、時の内閣総理大臣より紺綬褒章を授与され、旧名瀬市の名誉市民第1号に選ばれるなどした名士。
 蔵のある奄美市名瀬小浜町は、かつて「唐浜(からはま)」と呼ばれ、弥生の泡盛は「唐浜ゼー(唐浜の酒)」の愛称で地元の人たちに親しまれていた。戦後の法改正に伴い黒糖焼酎の製造に転じるも、「弥生」の名は同じ地で変わらず受け継がれている。
 かつて、泡盛造りには桑の木の皮から採取した黒麹(こうじ)菌が使用された。桑は大島紬の絹糸を生産するための養蚕(ようさん)にも用いられ、島の産業にとって欠かせないものだった。今では桑から黒麹を採ることも島内での養蚕も行われなくなって久しいが、蔵の裏手にはその頃からの桑の大樹が青葉を茂らせ、「弥生」を貯蔵するタンクの傍らで、蔵を見守るように佇んでいる。

kametomita.JPG 造りの特長は、出来上がりから飲みやすい状態に造ること。これまで常識とされてきた「蒸留した原酒は寝かせなければいけない」というセオリーを打ち破る焼酎造りをしている。
 麹造りには品質の安定したタイ米を使用し、銘柄により白麹・黄麹を使い分ける。
 「麹が焼酎の味を決める調味料。」DSCN0877.JPG杜氏(とうじ)の川崎洋之さんは、焼酎造りの工程の中でも第一段階の麹造りが最も重要だと語る。
 麹の出来が悪いと渋みなどの雑味を生じ、蒸留した原酒に穀物由来の油臭さが出てしまうという。
 五つもの圧力口を備えた特注の蒸留器は、高い圧を均等にもろみにかけ、コクと香りの豊かな原酒を抽出することを目的としている。
 脂肪酸やフーゼル油など雑味の原因となる成分が出ないよう造り、蒸留してから3ヶ月間は、ひたすらガスを取り除く。全ての工程は、短期貯蔵でも美味しく飲める黒糖焼酎を生み出すために組み立てられている。


弥生流 奄美黒糖焼酎の楽しみ方 

DSCN0504.JPG 樽貯蔵の「まんこい」は、味付けの濃い料理にも負けない、しっかりした味と香りを持つ黒糖焼酎。肴には島の食材をふんだんに使用したハンダマと島豆腐のサラダを。ハンダマは葉の裏が紫色の葉物野菜。鉄分・ビタミンA・アントシアニン等が豊富で、抗酸化作用があるといい、奄美では薬草として産後の食事などに利用されてきた。
 ハンダマとキャベツを千切りにし、皿に盛り付け、ミニトマトを散らす。木綿豆腐一丁を上に載せ、ドレッシングをかけ、水にさらした玉ねぎの薄切りを乗せる。ドレッシングはお好みで。生のハンダマの爽やかな香りが楽しめる。


蔵見学について 

DSCN0253.JPG見学可
時間帯 8:00〜17:00
休 日 日曜・祝日
駐車場 有(6台)
電話予約
問合せ先 Tel:0997−52−1205


見どころ

 近くに奄美黒糖焼酎の蔵「大島食糧(株)」がある。

 蔵より車で5分の大熊漁港にある「宝勢丸鰹漁業生産組合」の販売所では、山盛りのカツオやシビの刺身など、奄美近海の新鮮な海の幸を手ごろな値段で購入できる。
販売所にカツオの鯉のぼりが上がっていれば、新鮮なカツオが揚がったという合図。のぼりを見た近所の人が買いに来て行列になることもあるという、地元の人気店。


より大きな地図で 弥生焼酎 醸造所 を表示 


蔵元めぐりマップ