蔵元めぐりマップ

奄美大島酒造 株式会社
浜千鳥

住 所:894-0104 鹿児島県大島郡龍郷町浦1864−2
Tel:0997−62−3120
創 業:昭和32(1957)年
蔵人数:20人
代表者:有村 成生(ありむら・なるお)
杜 氏:安原淳一郎(やすはら・じゅんいちろう)
主な銘柄:「じょうご」「浜千鳥乃詩」「高倉」
URL: http://www.jougo.co.jp/

じょうごの水と地場産の黒糖で造る、極上の味。

DSCN0327.JPG 龍郷町の役場付近の国道58号線沿いに巨大な一升瓶のモニュメントが並ぶ、奄美大島酒造(株)の蔵。隣接する「浜千鳥館」には美術館やレストラン土産物店を備え、団体バスツアーが訪れる観光スポットにもなっている。
 商事会社や海運業、旅行業などのグループ企業を経営する有村栄男(えいお)氏が、名瀬の永田町で昭和32(1957)年に創業された末広商会より昭和45(1970)年に酒類製造免許を譲り受け、奄美大島酒造(株)として法人を設立し、代表銘柄「神泉(しんせん)」を造り始めたのが蔵の始まりだ。
 昭和45(1970)年に結成された共同瓶詰販売会社の奄美第一酒類(株)に一時加盟し、「珊瑚」や「高倉」の原酒として第一酒類へ原酒を納めつつ自社銘柄として「神泉」を販売していた。奄美第一酒類は平成元(1989)年に解散し、「高倉」の銘柄は蔵が引き継いでいる。
 昭和57(1982)年に、工場を水の良い龍郷町・浦の現在地に移転し、代表銘柄を「浜千鳥」に変更。銘柄名は蔵の前にある浜に集まる千鳥に由来し、公募で決定された。その後、銘柄名は「浜千鳥乃詩」に変更されている。ラベルのデザインには、大島紬の龍郷柄と浜に遊ぶ千鳥があしらわれている。

DSCN0327.JPG 仕込み水には龍郷町の名水「じょうごの川」地下120メートルから汲み上げた地下水を使用している。大きな特長は、全ての製品において奄美大島で生産されたサトウキビから作る地場産の黒糖を使用していること。
 奄美大島の島内で生産されたサトウキビを原料に、グループ会社の大型製糖工場で黒糖焼酎専用に製糖される黒糖は、キビの旨味と香りが凝縮された極上の仕上がりとなっている。
 貯蔵熟成にも力を入れ、工場に総貯蔵量15,000石(約2,700キロリットル)の貯蔵タンクを備え、年間4,000石(720キロリットル)ほどを生産している。

DSCN0336.JPG 観光客も訪れる工場には見学コースが設けられており、工場内部は黒糖焼酎造りの一連の流れを順路に沿って見学できるように設計されている。杜氏(とうじ)を務める安原淳一郎さんの指導のもと、製麹(せいきく)機や蒸留機などの機器は週1回のサイクルで磨きあげられ、工場内は常に衛生管理が行き届いている。
 代表銘柄「浜千鳥乃詩」や「高倉」などレギュラー商品の麹(こうじ)はタイ米に白麹仕込み。他にPB商品などで黄麹や黒麹も使用している。かつては沖縄産の黒糖を使用していたが、平成19(2007)年より全ての仕込みで奄美大島産の黒糖を使い、米に対し約1.3倍の黒糖を仕込む。作りたての新鮮な黒糖は風味が良いばかりでなく、黒糖を単一産地に切り替えたことで原料の品質が安定し、酒質の向上につながったという。

DSCN0339.JPG 国内の焼酎鑑評会のほか、ベルギーの国際食品品評会「モンドセレクション」では2008年より4年連続で受賞するなど、良質の水と厳選された原料、長期熟成による味造りは内外で高い評価を受けている。
 常圧蒸留の原酒を7年以上貯蔵熟成させ38度に仕上げた「浜千鳥乃詩原酒」は、黒糖を食べているようなコクと香りが味わえる逸品。
 常圧蒸留の代表銘柄「浜千鳥乃詩」は黒糖の奥に穀物が優しく香り、3年以上の貯蔵によるまろやかな口当たりとコクを備える。
DSCN0344.JPG 「高倉」は3年以上貯蔵した原酒を更に樫樽(かしだる)で熟成させた、コクと甘い香りを持つ琥珀色の黒糖焼酎。
 唯一の減圧蒸留銘柄「じょうご」は、奄美産黒糖由来の南国らしい果物の香りと軽く爽やかな口当たりが魅力となっている。
 ほかにも奄美大島特産のタンカンやスモモを使ったリキュールを製造するなど、蔵では地元の素材を活かして様々なニーズに応える商品開発に取り組んでいる。


安原杜氏流、奄美黒糖焼酎の楽しみ方 

DSCN0339.JPG 安原杜氏のお気に入りは「浜千鳥乃詩を水割りで。」酒の肴には、骨付きの豚肉を野菜や昆布などと共に煮込んだ「豚骨(ゥワンフネ)」や、粒味噌に砂糖を加え魚と炒めた「魚味噌(ゆーみそ)」、「サワラの照り焼き」、島で採れたモズクの佃煮を和えたお漬け物などを。カカオ70パーセントのビターなチョコレートをつまみに飲むこともあるそうだ。


蔵見学について

DSCN0405.JPG見学可
時間帯 9:00〜16:00 1日3回工場見学案内(土・日・祝日は要予約)
    (1回目10:00〜、2回目14:00〜、3回目16:00〜)
休 日 日曜・祝祭日(7〜9月)造りの時期は無休
駐車場 有(10台以上)
要予約
問合せ先 Tel:0997−62−3120


見どころ 

 近くに奄美黒糖焼酎の蔵「町田酒造(株)」「(有)山田酒造」がある。

 工場に隣接する「浜千鳥館」の売店では、黒糖焼酎を購入できる試飲販売コーナーほか、奄美大島の様々な土産物が揃う。奄美の郷土料理を味わうことができるレストランも備え、美術工芸館では国内外の貴重な美術工芸品を鑑賞することができる総合観光施設となっている。


より大きな地図で 奄美大島 酒造 を表示 


蔵元めぐりマップ